2006-07-29

LAの若者達が訪タイ

ロサンゼルスに暮らしているタイ人の若者の集団が訪タイ、文化センターにやってきて交換演奏会をした。

白い服がその子供達。見た感じ、ほとんど皆タイ語も普通に喋るし、ハーフもほとんど居ないので普通のタイの若者と見分けがつかない。もちろん普通のタイ人と違って流暢に英語を喋るけど。

ロサンゼルスにはタイ式の寺が有って、そこで音楽や舞踊を習っているそうだ。でもタイ中央楽器だけのようで、イサーン楽器は見当たらない。

相変わらず我々の出番は最後。司会業が大好きな師匠はさっそく彼らにケーンの腰振りネタをやらせていた。子供もアメリカで育つとノリが良いというか、自ら進んで笑いを取っていた。

最後の方で若者達と一緒に来た年配の方達が踊りの衣装と化粧で出てきてちょっとビビった。今まであの衣装と化粧は25歳ぐらいまでの人しか見たことが無かったので。

文化センターの音楽部門はこの日で前期の学期が終了となり、来週から二週間お休み。その後、後半の学期が始まります。

2 comments:

MUN! said...

> 今まであの衣装と化粧は25歳ぐらいまでの人しか見たことが無かったので。

このさりげなくヒドい一言がmuriさんらしくてGOODです。

muri said...

う、言われてみたら、そうですね。
真っ赤な衣装に派手な化粧のおばちゃん達が出てきたので、「なにか凄いものが出てきた」ような感じが、ってこれも余計な一言ですね。

じゃなくて例えば、しわしわのおばあちゃんが質素だけどきちんとした衣装で優雅に踊るのを見るのは渋くて好きなんですけどね。