2011-01-20

ウボン旅行1

年末から新年は恒例のウボン旅行へ。今回はバンコクの日本人ケーン仲間、Jさんご夫妻もご一緒しました。ピックアップトラックで夜出発、一晩中走って到着したのは昼近くです。年末の渋滞も有って非常にシンドイです。Jさん運転ありがとうございました。


ウボン中心群近くタリンチャンの辺り、道端の屋台の食事が妙に美味い。


今回はモーテルに宿泊しました。一棟一部屋、一泊500Bで三人まで、と気が効いています。おまけにフリーWIFIまで有りました、満足。

宿で落ち着いたらいつもの村へ。

村の皆さんが田んぼの中の池で養殖している魚を取りに行くのに同行しました。沈めてある木を全部掃除してから網でさらいます。魚取りが終わったらまた木を沈めておく、と結構大変な作業ですね。といっても自分は見ているだけなんですが。

こちらは投網を投げて足で探っているところ。ウップ、ウップと皆苦しそうです。自分は経験が無いので知らなかったんですが、自前の投網も持っているという投網マニアでもあるJさんによると、タイ式投網は紐が付いてなくて投げて沈めてから探って引っ張り上げるんだそうです。何でか分かりませんが不思議ですね。

こんな風に料理されます。一応正月のごちそうという感じでしょうか。それにしても新米のカオニャオが美味しくて、もの凄くたくさん食べちゃいました。農家は米の一番美味しいところを取っておいて自分達が食べるんだそうで、さすがです。(続く)

4 comments:

JUN said...

投網マニアって・・・。

muri said...

投網持っている日本人なんて初めて聞いたので、余程のマニアではないかと…。

JUN said...

ちなみに日本では小2の頃から投網やって
ました。魚が沢山いるとの噂を聞いて
投網を打ったらわんさか取れて・・・養殖所でした。捕まるところだったw

muri said...

なんと、子供の頃から投網マニアだったとは、筋金入りですね。恐れ入りました。