2008-12-04

パトゥムタニー県にて

12月3日(水)、子供楽団はパトゥムタニー県での行事に参加。二日後の国王の誕生日の関連行事のようです。

バンコク近県なので夕方4時に機材を積んだピックアップで出発、5時過ぎにはクローンルアン郡の現地に到着。近県とは言え、だいぶ田舎ですね。

見渡す限り田んぼ地帯の中、広大な敷地に何故か巨大な図書館やらホールやらが立っています。写真左はその図書館。写真を取ろうとしたらバスから警官がうじゃうじゃと下りてきたので警官がいっぱい写っちゃいました。この日の警備に来たようです。右はスプリーム・アーティスト・ホール(ホー・アッカラ・シンラピン)。

そのアーチストホールの横に設けられた野外ステージ。国王誕生日の関連行事ということで、ステージには国王の写真と祭壇が設置してあります。

夜、催し物開始前に出演者全員で国王を称える儀式。ローソクを持って国王を称える文句を言ったり国王賛歌を歌ったりします。タイではどこでもお馴染みの光景ですね。

この日は意外と超有名な歌手がいっぱい出てきました。そもそもこの行事は王室からシンラピンヘンチャートの称号を受けた歌手達が国王を称える儀式、という趣向だったようで、我々子供楽団はその合間の余興だったようです。それでも4セット程演奏、ちょっとメンバーが少なくてしょぼかったかな。

出番が終わり、せっかくなので鑑賞。写真はシンラピンヘンチャートの歌手、トッサポンさんとそのコンビの人(名前忘れた)。このコンビ、TVではよく見ますが、いやーさすがに良い声ですね。堪能しました。といっても歌の内容はあまり分らないけど。いわゆるラムタットの系統でしょうか、物語を語るような感じで掛け合いで延々と歌う物です。

子供楽団のダンサーとポンラン担当の子。真中の太った子が現在メインでポンランを叩いてます。

5日の国王誕生日当日は文化センターで大々的にやるようですが、メインはラーマキエンで我々はたった1セットだけだとか。

2 comments:

コン said...

いつも楽しみに拝見しております。
小生、訪タイの際、モーラムやら何やらのCD、VCDを収集しております。
トサポルの相方はたぶんウアイポット?というベテランのモーラム又はレーの歌手ではないでしょうか?
トサポルと組んでクーブン・クーブアットというVCDをヒット(たぶん)させてます。
また、最近ヨートラックの追悼アルバム(レー)もリリースしたようです。
末筆ながらますますのご活躍をお祈りしております。

muri said...

コンさんよくご存知ですね、おっしゃる通りもう一人の歌手はウアイポットさんですね。
クーブン・クーブアットのシリーズ、良いですね。結構好きです、内容はいまいち理解できませんが。
励ましのお言葉ありがとうございます。